【重要】ヨガレッスンを再開される会員の皆様へ

先日は、会員の皆様へスタジオ再開のご連絡をさせて頂きました。とても長い内容で、皆様には大変ご面倒をおかけ致しました。

さて、7月1日より再開されるヨガレッスンですが、今回は、感染症対策環境下でヨガレッスンをされる皆様へ

  1. スタジオへのご来店条件
  2. 感染症対策の主な概要とスタジオでのお願い
  3. ヨガ中のマスク着用に関すること
  4. ヨガレッスン再開時の注意
  5. 新システムのチケットに関すること

についてご案内をさせて頂きます。
体調などに関するとても大切な内容も含んでおりますので、必ずご確認をお願い致します。

1. スタジオへのご来店条件

はじめに、スタジオにご来店になる全ての方(会員の皆様・お取引先様・講師・関係者)に対して、下記のご来店条件を定めています。下記内容に1つでも当てはまる場合はスタジオにご来店頂くことができませんので、予めご了承をお願い申し上げます。

1 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
2 発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状や頭痛の症状がある場合
3 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状や頭痛等の症状が4日以上続く場合や強い症状がある場合
4 味覚、嗅覚障害、喉の痛みや違和感の症状がある・疑われる場合
5 過去3週間以内の状態として、上記いずれかに該当する場合
6 過去3週間以内にコロナウイルスと疑われる症状の方と接触した場合
7 マスク非着用で来店する場合
8 消毒をすることが体調などの理由で困難な場合
9 スタジオでの感染や感染予防対策に不安を感じる場合
10 感染予防対策にご協力頂けない場合

感染症予防・対策のため、皆様のご協力をお願い申し上げます。

2. 感染症対策の主な概要と基本ルール

当スタジオでは、感染症対策に伴う新たなルールを定めております。スタジオにご来店頂く皆様には、下記の内容を同意及びお守りいただき、参加される方が、お互いに安心してヨガを楽しんで頂けるよう、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

感染症対策の主な概要と基本ルール

1 店舗内では、基本的に全員がマスクの着用をお願いします。講師はマウスシールドを着用します。
2 入店したら、店舗入口にて必ず手指の消毒、アロマスプレー散布をお願いします。
3 スタジオ営業日には、午前・午後の1日2回、または状況に応じて1日1回のスタジオ内消毒を行います。
4 スタジオ内にアルコール消毒を設置し、いつでも消毒できる環境を構築します。
5 店舗内では、可能な限り人同士の距離をとってください。特に受付周りでは距離をとってください。
6 レッスン時は人同士の間隔1〜2mを意識せずに確保できるよう、ヨガマットの敷く位置を固定致します。指定位置以外はヨガマットを敷かないようにお願いします。
7 講師は、基本的に会員さんの身体に触れません。触れない状態でも、安全にヨガを行えるレッスンをプログラムします。
8 スタジオ内は最低でも2方向からの短間隔換気を実施します。
9 置きマット、レンタルマットは当面の間廃止と致します。すでに置きマットをしている方は、最初のレッスン時にお持ち帰りください。
10 ヨガマット、ヨガブロック、ヨガベルト、ブランケット等の共有物を使用しないようにしてください。ブランケットが必要な方は、ご持参をお願い致します。
11 クラス参加上限定員を通常時の50〜80%減と致します(行政基準や独自判断の状況に応じて変動)
12 レッスン中にマスクを外した場合は、不要な会話を控えてください(体調不良など、緊急時は除きます)
13 会話をする時はマスクを着用してください。
14 レッスン終了後に行っていたマットへの消毒スプレーは、従来は個々にて行っておりましたが、再開後は講師が希望者にスプレーを行います。
15 トイレのタオルは共通使用を避けるために常備致しませんので、ご自身で使うタオルをご持参ください。
16 ヨガウェアなどのご試着は基本的に不可と致します。
17 講師、スタッフ全員がマスクまたはマウスシールドを着用し、出勤前の検温を実施致します。また、講師、スタッフに症状が疑われる場合には、即座に休業を実施致します。
18 会員の皆様・お取引先様・講師・関係者等ご来店頂く全ての方を対象に、スタジオ内において感染症の症状や、感染症ではなくとも、それに似た症状(上記スタジオへのご来店条件に該当または近い症状)が疑われる事例が1つでも発生・確認された場合は、即座に休業を実施します。
19 国内や県内で感染症が拡大していると判断された場合や状況により感染症拡大防止の為に必要と判断される場合は、即座に休業やクラスの休講、大幅な人数制限を行う場合があります。
20 予約状況により参加人数が少ないクラスは、そのクラスの関係するリソースを確保する目的で、休講またはクラスの削除を行う場合があります。

上記内容は、状況に応じて更新される場合があります。

3. ヨガ中のマスク着用に関すること

感染症対策環境下では、可能な限りマスクを着用することが、政府発表の指針で求められています。スタジオ内でも基本的にマスク着用の徹底をお願いしており、感染予防策の一つとして重要な要素です。

しかしながら、気温や湿度が高い中で運動時にマスクを着用することは、マスクを付けない時と比べて、心拍数や呼吸数、血中二酸化炭素濃度、体感温度が上昇するなど、身体への負担が大きくなり、熱中症や体調不良へのリスクが高まります。また、気が付かないうちに脱水状態になり、体温調節が難しい場合もあります。

1. 一定の条件付きで、ヨガレッスン中はマスクを外す事ができます
そこで、熱中症や体調不良等のリスクを避ける目的で、下記表の「1. マスクを外してレッスンを行う時のお願い」をお守り頂く事を前提に、ヨガレッスン中の時間に限っては、マスクを外して頂くことを推奨しております。

1. マスクを外してレッスンを行う時のお願い

1 マスクを外した時は、不要な会話をしないようにご協力ください。
(体調が悪いなどの緊急時を除いて)
2 会話をする時はマスクを着用してください。
3 レッスン前後はマスクを着用してください。
4 レッスン中以外、店舗内では基本的にマスクを着用してください。

2. ヨガレッスン中にマスクを外さない場合

また、個々の事情によっては、マスクを付けながら行いたい場合もあると思います。その場合には以下の「2. マスクをしてレッスンを行う時の注意」の内容に十分配慮して、ご自身の判断において行ってください。

2. マスクをしてレッスンを行う時の注意

1 マスク非着時よりも熱中症や体調不良等のリスクが高まることを意識する。
2 のどの渇きに関わらず水分補給をこまめに行う。
3 周りの流れに合わせようと無理をしない。流れについていかなくてもOK。
4 できるだけ身体をゆっくり動かす。
5 呼吸が荒くなるような動きを避ける。
6 従来のレッスンの4割程度の動きに留める。

ヨガレッスンに参加される皆様には、上記条件の元で快適にヨガレッスンを受講して頂ければ幸いです。

4. ヨガレッスン再開時の注意(体調に関すること)

休業開始から再開まで、およそ4ヶ月の期間がありました。その間、ほとんどの場合は日常よりも身体を動かす機会が減り、ヨガレッスンに至っては、行う回数がほぼゼロだった、という方も多くいらっしゃると思います。

最後にヨガレッスンを行ったのが冬、再開後のヨガレッスンは夏と、ヨガを行わなかった間に季節が真逆になっています。時期的な疾患(熱中症等)に加えて、久々に体を動かす事による身体への負担は、思っている以上に影響を与え、持病などにも関係してくる場合があります。

さらに、脳が持っている以前の感覚と、現在の身体の状態がリンクしていないことがありますので、再開から1ヶ月間程度のヨガレッスンは、自分が考える以上に身体をゆっくり動かすことを意識して「とにかく無理をしないように」と必ず心がけてください。

皆様に安全にヨガを行って頂くために、必ずご確認を宜しくお願い申し上げます。

5. 新システムのチケットに関すること

7月からは、月謝制とチケット制が一旦廃止され、すべてのクラスが完全予約制となることを以前ご案内致しましたが、この変更に伴って、参加される全ての方に下記のチケットを最初のレッスン時にお渡し致します。

このチケットは、購入したチケットの消化状態・有効期限等を証明する大切なものとなっており、レッスン毎に消化・期限等の状況が記載されていきます。最初のレッスンでこのチケットを受け取ったら、以降は会員証と共にご持参頂き、レッスン参加毎に会員証と共に受付でお渡しください。

下記に通常の利用例と、月謝充当分を含む利用例を記載致しますので、今後の利用例としてご確認ください!

1. 通常のチケット利用例

図の利用例は、7/3に4回分(有効期限2ヶ月)のチケットを購入、7/3、7/9にレッスンを消化、9/3が有効期限という状態を示しております。有効期限は購入日(7/3)から起算され、購入したチケット上限数のところに有効期限が記載されます。

この例では、残りの回数は後2回となっており、9/3までに2回消化するか、または有効期限が先に到達するかで、チケットを使い切る形となります。(2回消化していなくても、有効期限を過ぎてしまうとチケットは消化済みとなります)

それ以降レッスンに参加する場合には、再度1,4,5回分のいずれかのチケットの購入が必要となります。

2. 月謝充当分を含むチケット利用例

この利用例では、月4回2ヶ月分の月謝(計8回分)を充当している方を例としており、レッスン参加利用可能分としてピンクの枠で囲っております。ピンクの枠が月謝充当分として使用できる範囲となっており、充当分のうち2回分(7/3、7/9)を消化している状態です。

ピンクの枠内をすべて消化したら、それ以降レッスンに参加する場合には、1,4,5回分のいずれかのチケットの購入が必要となります。


以上が今回のご案内となります。

感染症対策や、それに伴うシステムの変更により、以前と異なる部分が多々ございますが、何卒ご理解を頂きますよう、お願い申し上げます。
これからの、皆様のヨガライフが、明るく健康的なものになるように、願っております!